1-10 2002-02-01-mail

 お元気ですか?日本は寒いですか?
 カンボジアのシェムリアップにいます。アンコールを今日で5日間ウロウロしてきましたが、今日1週間有効のエントリーチケットをなくしてしまいました。そのため、残り2日間で行く予定だった場所に行けなくなってしまいとても残念です。しかし、ここは年々地雷の撤去や遺跡の整備が進み、入れる場所が増えてきているので、また近いうちに来るつもりです。

 観光はしやすくなっていますが、色々と面倒なこともあります。以前はエントリーチケットのチェックも割合いい加減にやっていましたが、今は高速道路の料金所みたいなゲートが立っていて、しかもチケットに顔写真を貼らなければならなくなってしまったので、日数が余った券を誰かに貰ってそれを使うなどといったごまかしができません(僕は一度もやったことはないです)。
 遺跡内にも制服を着た監視員がいて、怪しげな動きをしていると注意されてしまいます。レリーフや仏像保護のための接近禁止の柵やロープなども増えました。世界遺産保護のためには仕方のないことだとは思いますが、妙に現実的で周りの雰囲気に対して違和感があるので、少し興ざめしてしまいます。
 物売りの子供も減りました。3年前は何処にいっても寄ってきてまとわりつかれてしまったのですが、今回はほとんど見かけませんでした。落ち着いて見学ができるようになりましたが、すこし寂しい気もしました。彼らの相手をするのも中々楽しかったのですが。

カンボジア・アンコールワット
  それでも、アンコールワットの背後から登る朝日や、それをボケ―っと待っている観光客や、タ・プロームなどで遺跡を押しのけて我物顔で生えている大きなスポアンの樹とか(前回来たときよりも寺院の崩壊が進行しているような気がした)、赤土を巻き上げながらぶんぶん走りまわるバイタクとか、変わっていないところもたくさんありました。
 今の時期はカンボジアも冬です。でも、日本の8月後半から9月前半の真夏日みたいな感じです。日中はあっさりと30度を超えますが、カラッとしているので日陰に入ると涼しいし、夜明け前に朝日を見るためにバイクの後ろに乗って走っていると、長袖とジーパンでも寒いくらいです。こっちの人は、かなり寒がっています。
 そして、埃っぽい。こちらの砂は赤くてとても細かく、舗装されていない道路に風が吹くと、街の中は霞がかかったようにぼんやりするくらいです。息苦しくなります。
 焼けました。おでこの皮がむけました。顔も腕も黒いです。
 チケットをなくしたからというわけでもありませんが、明日はトンレサップ湖に行ってみようと思います。
 明後日、タイに戻ります。テレビや雑誌などでこれから行く予定の国に関しての報道(主に安全危険情報)や、面白い情報を見たり聞いたりしたら教えて下さい。
 それでは、また。

( Angkol Wat etc / Cambodia / 2002 )