アジアのかけら2011_南インドシナ編 フォトリポート_11 ベトナムアジア飯 3

2011-02-14 9:01 アジア飯 / ベトナム

前回のブログにも書きましたが、バイクの数が半端ではないホーチミン市。
信号無視が多くて道路を渡るのも苦労します。




街は新年のイルミネーションで綺麗に飾られています。


ホーチミン市のチャイナタウン、チョロン地区にあるベンタン市場内では新年の獅子舞が市場内の各商店を祝っていました。


チャオ・ボー(15000ドン)牛肉とモツ入りのお粥。揚げパンがいいアクセント。


チェー・バイン・チョイ・タウ(6000ドン)。餡入り白玉のチェー。ベンタン市場にて。もう1つ、小豆ともち米と、紅色のもち米のチェー(5000ドン)も注文したのですが、赤い色がどうもラー油みたいな油っぽい味で、豆だけにしておけば良かったと後悔しました。


チョロン地区にある水餃子の店が集中している通りにて。水餃子(23000ドン)。豚のすり身とえび入りの水餃子が7つも入っていてボリューム有り。ごま油が食欲をそそりました。他に水餃子入りラー麺などもあるようです。


水餃子を食べ終わった後に絶妙のタイミングで売りに来たおじさんから買ってしまったエッグタルト(10000ドン、少し高い)。甘さは控え目。マカオのエッグタルトの方が美味しかったですね。


チョロン地区の85という名前の甘味屋のショーケース。普通のプリンやココナッツプリンなどどれも美味しそう。


ショーケースの左下のココナッツの実をくりぬいて器にしたプリン(25000ドン)。オレンジはマンゴー味だから。量も多くて冷たくて、でもあっさりしているのでもう1つくらい食べたくなります。


隣のベトナム人のお兄ちゃんが2個食べていたので、つられて同じものを注文。これは器は同じですが、中身がココナッツプリンとココナッツゼリーが2層になっています。これもあまり甘くないのでつるっと食べられます。20000ドン。


パンに挟んだアイスクリーム(10000ドン)。結構好きなので見掛けると食べてしまう。


チョロンの路地でやっていたカードゲーム。手持ちの札から相手より強いものをどんどん出していって、早く手持ち札がなくなった人が勝つ、大貧民のようなルールに思えたがよく分からず。


札には将棋のような感じが書かれていた。そして、1ゲームごとに10000~20000ドンくらいのお札が行き交っていた。


炭火焼きの豚肉が乗ったご飯(16000ドン)。湯でキャベツも。

/* — Nikon D700 & Sony DSC-WX5 — */

2011-02-15 21:014 サイゴン(ホーチミン) / ベトナム

 写真はサイゴン教会です。ベトナムには教会が沢山あり、教会によっては道教寺院みたいに赤色に金色の漢字が並んでいたりする場合もありました。
 この教会は中国色がなくて、外のバイクの排気音も気にならない位の静けさでした。
 バイクの数は、僕がラオスで見た人の数より多い気がします・・・。


 ベトナム戦争についての博物館に行きました。各国の従軍カメラマン達の写真が沢山展示されていて、見ていると熱くなってきますが、僕にはこんな状況で写真は撮れないです。

 昼過ぎまで中華街にいました。混み合ったベンタン市場、水餃子、そしていろいろな部品屋、卸の店。
 ごちゃごちゃしていて無秩序なところが面白いですね。

 今回のインドシナ南部の旅はこれで終わりですが、次は北部に行きます。
 なんだか食べ歩きの旅みたいな感じになってますが、食べ物も楽しみです。
 それでは。

(上の地地図はサイゴン教会、下の地図はベンタイン市場)

/* — doocomo P04-A — */

ベトナム・ホーチミンサイゴン教会

ベトナム・ホーチミン