今も昔も アンコールワット

 

 

クバルスピアンで出会った女の子。
妙に視線が気になってしまった。

 

 

タ・プロームにあったアプサラ(女神)のレリーフ。
やんわりとした微笑み。

何百年の時間を隔てていてもどことなく雰囲気が似ている気がした。

(アンコールワット / カンボジア / 2006)
 ~写真展 アジアのかけら3より~