微笑み王子 アンコールワット

 

 

バイタクを降りて目的の遺跡まで林の中の道を歩いていたら、子犬と一緒の男の子に出会った。
おっとりしていて動きもなんとなくゆっくり。
周りの木々と落ち葉の道とその男の子と子犬がなんだかとても合っていて、写真を1枚。
ちょっと子犬がうなだれていますが、友達だとおもいます。たぶん。

(アンコールワット / カンボジア / 2006)
 ~写真展 アジアのかけら3より~