夕飯前のひと時 ルアンパバーン

 

 

メインストリートと言っても特に何もないルアンパバーンの町。
太陽はだいぶ低くなり赤っぽい光が通りを染めている。
今日は早めに店じまいなのか、玄関の前に椅子を並べて世間話に興ずるおばさん。
その間に挟まれる嫁(想像です)。
この町はラオスの中で1、2を争う観光地なのだが、なんてのどかな夕方。

波トタンを覆う赤い花の屋根に目を奪われて撮った1枚。

(ルアンパバーン / ラオス / 2007)
 ~写真展 アジアのかけら3より~