旅ブログのアーカイブ

アジアのかけら2011_中国雲南編 フォトリポート_01 スワンナプーム~昆明

2011-02-26 12:27 スワンナブーム空港 / タイ

 派手な模様の中国東方航空。
 久しぶりに小さめの機体でのフライト。

 2011年の旅の続きです。
 もう少し続きます。

/* — doocomo P04-A — */
タイ・スワンナプーム空港

2011-02-27 22:09 昆明 / 中国雲南省

 中国南部、雲南省の省都昆明に来ています。
 思っていた以上に都会で驚きました。イメージの中の昆明は山奥のごちゃごちゃした怪しげな中華街だったのですが、実際はさっぱりとした都市開発が行われた中国都市でした。
 それでも市場に行けば、所狭しと野菜や肉や調味料が並び、騒々しい声が飛び交うアジアの市場です。
 写真は歩道橋の上の、手が届く高さにぶら下がる電線です。都会でもこの辺が中国的。

 成田に続きバンコクの乗り継ぎカウンターでも中国ビザについて確認されたましたが、なんとか無事に昆明に着きました。
 中国では日本人は2週間以内の観光目的であればビザが無くても滞在可能です。
 今回僕は成田発バンコク経由中国昆明行きの航空券で中国に入り、2か月程度かけて陸路で中国からベトナム、ラオスを抜けバンコクから日本に戻ろうと計画していました。戻りのバンコク発成田行きのチケットも取ってありました。
 先ほど書いたように2週間以内なら中国はビザが必要ありません。
 しかし2週間以内に中国を出国しベトナムへ行く予定ではあっても、持っているチケットは出発地が中国でもなければ2週間以内の出国でもないし、航空会社にしてみれば僕が2週間以内に中国を出る保証もないので、中国入国の際にビザが必要になるかもしれず、へたすれば入国拒否され日本へ戻されるかもしれないとチェックインカウンターでチケットを発券してもらう時に言われたのです。要は問題がありそうな乗客は最初から飛行機に乗せたくないということです。
 係員が、社内や中国現地のビザ担当者などに何度も確認を取り、乗り遅れる寸前でやっと発券してもらえました。
 同じことはバンコクのスワンナプーム空港でも言われ、「大丈夫だとは思いますが、保証はしませんよ」と念を押されて中国入りしました。
 久しぶりに緊張の入国でしたが、帰りの航空券を見せることもなく、すんなりビザ無しで入国できてほっとしたわけです。

 昆明はカラッとしていて夜は結構涼しいです。昼間はフリースを着て歩いてましたし、もちろん今も着ています。
 ラオスのサワンナケートの安宿で会った旅の猛者達の1人がこのユースをねぐらにしているので会えればいいのですが、いないようです。
 2段ベッド×3の6人部屋は今のところ僕1人です。昨日は20時頃に中国人の女の子、24時過ぎに中国人の女の子と白人女性2人が入ってきたものの、午前中に出て行ってしまったようです。別におしゃべりするわけではないけど、ドミトリーに1人はちょっと寂しい気がします。

 ガイドブックを眺めていると、やっぱり中国は面白そうでどう動こうか悩んでしまいます。滞在期限もありますし。

 今回の旅は中国雲南省、ベトナム北部、ラオス北部の少数民族の方々に会う旅の予定です。
 個人でどのくらい近くまで行けるのかがよく分かりませんが、なるべく色々な所に行ってみようと思います。



/* — doocomo P04-A — */
昆明・中国雲南省

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
10 / 23« 先頭...89101112...20...最後 »